banner

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

会社設立に吉日

2014-12-17

会社設立にふさわしい吉日

会社設立に関しては、法務局に登記申請をして受理された日が設立日になります。この設立日をいつにするかは事業主が好きに決めることができるため、縁起を気にする人や吉日にこだわりがある人にとってはとても重要になってきます。世間一般では、六曜の中で一番吉日とされている大安が会社設立に選ばれることが多いです。

大安は、何か新しいことを始めるのにとても良い日とされているため、昔から結婚などの人生の大きなイベントごとでも選ばれることが多い曜日です。

その次に多いのが、「友引」「先勝」「先負」です。「友引」は朝が「吉」で夕方が「大吉」になりますので、午前中か夕方に登記申請をしに行くのが縁起がよいとされています。ただ、友引は正午だけ「凶」になるので注意が必要です。「先勝」は、午前中が「吉」で午後2時から「凶」になるといわれています。

「先負」は、逆に午前が「凶」になり、午後から「吉」になります。会社設立日で一番避けた方が良いのが「仏滅」です。

この仏滅は六曜の中で一番不吉な日となりますので、避けた方がよいです。縁起にこだわる人の中には、六曜ではなく暦日を重視するケースもあります。その中でも一番人気があるのが「天赦日」と呼ばれる吉日です。

この吉日は、日本の暦の日のなかでも最良の日とされているため、大安以上に人気があります。この日は、開業などの仕事面だけでなく入籍や結納、引っ越しを行うのにも良い日とされています。また、財布を新調する日としても有名です。

そして、この天赦日、一年間に5、6回しかないため貴重です。そのため、この天赦日を会社設立の日に選ぶ事業主も多いです。その次に良い日としては、「一粒万倍日」があります。この日は、一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味をもっており、この日も天赦日と同じく何事を始めるにも良い日とされます。

起業や投資などお金が関わってくることを行うのに吉であるとされていますので、会社設立の日にふさわしいとされています。天赦日と違い、この一粒万倍日になる日はけっこう多いため、他の吉日と重なることが多いのも特徴です。そして、天赦日と一粒万倍日が重なる日は宝くじの購入にとても良い日とされています。

占いにこだわる人であれば、自分自身の生年月日をもとに吉凶日を調べる四柱推命や西洋占星術、風水などでさらに詳しく縁起のよい日を探す人もいます。

設立日にこだわるときに注意することは、法務局に提出した書類に不備があった場合は、受理されず設立日がずれる可能性があります。そして、法務局は土日祝日は休みのため、そのことも考慮にいれて日を選ぶ必要があります。

縁起担ぎについて

2014-12-17

会社設立に関する縁起担ぎについて

会社設立は、起業主にとっては人生の中で大きなターニングポイントになります。そのため、多くの起業主は縁起を気にします。まず、会社設立日を縁起のよい日にすることがあげられます。

六曜では先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があり、その中でも「大安」は何事にも成功する日として何かをスタートするのにふさわしい日として選ばれることが多い曜日です。結婚式も大安を選ぶことが多いです。そのため、会社設立日を大安にしようとする起業主は多いです。

縁起を気にする人のなかには、六曜だけでなく風水などの吉凶関係の占術師に直接鑑定してもらって、一番成功しやすい日を調べる人もいます。事業の多くは、経営努力だけでなくそのときの運などもかなり影響してくるため、起業主のなかには占術や風水の知識がある人もいます。

そこまで、気にしない人でも仏滅は避けることがあります。仏滅は、六曜の中では最も凶の日であるからです。ほかには、会社設立時に必要となってくる印鑑にこだわる人もいます。印鑑を制作するときに仕事運のよい画数のデザインを選ぶことができます。また、社名を姓名判断で調べてから決定するケースもあります。

このように起業主の多くは、とても会社設立時には縁起に注意を払う人が多いため、祝う側もそのことを気にとめておかないといけません。

設立時のお祝いの仕方としては、祝電を打ったり品物を贈るのが一般的です。しかし、そのとき贈る品物や祝電にも決まり事がありますので、注意が必要です。まず、祝電などの文章に関しては、否定的な表現の文章は避けるのが礼儀です。そのため、実際設立した会社の業界が厳しい経済状況であってもそのことについては触れないのが無難です。

また、起業の際には、火事や倒産を連想させる言葉はタブーとされています。具体的には、「赤」「紅」「燃やす」「燃える」などは火災をイメージさせます。そして、「倒れる」「潰れる」「流れる」などは事業の失敗を連想させるためタブーとされています。祝電やお祝いの手紙をおくるときは、文例にそのような言葉を使用していないか一度確認したほうがよいです。

起業主にとっては、これから経営についての不安なども抱えているおり、精神的に神経質になっている場合もあるからです。品物では、一般的には花を贈るのが多いです。特に「幸福が運ばれてくる」という縁起のよい花ことばをもっている「胡蝶蘭」は祝い事にはふさわしい花です。しかし、花では火事を連想させる赤色の花は贈ってはいけないので注意が必要です。

類似商号の調査が大切

2014-12-17

会社設立には類似商号の調査が大切です

会社設立を行う手続きとしては、会社の概要を決定するところから始めることになります。会社設立をする前に会社についての概要をきちんとした形で決めておくことによって、時間や費用の節約にもつなげることができます。

会社設立をするときには、定款などにおいて会社の商業を記入することが必要になってきますが、同一の住所地において同じ商号を使用することはできません。

類似の商号があるかどうかや、事業の目的についての適否の調査をする場所は、会社設立を行う所在地についての管轄を行っている法務局で行います。

会社の所在地を決定してから、管轄される法務局について確認することになります。

会社設立に必要な商号とは、社名のことを指します。

商号には合名会社や株式会社などの文字を入れる必要がありますし、使用可能な文字として日本語やローマ字、一定の符号などあらかじめ定められてるルールに従って決めることになります。

定款の作成を行う前に管轄の法務局に行って、同一の市町村内において同じかまたは類似している商号がすでに登記されているかどうかの調査が行われます。

似たような名前が使用されたときには、消費者にとって誤解が生まれやすくなりますし、無駄なトラブルが増える原因になりますので大切な事項と言えます。

万が一、類似の商号について見落としてしまった状態で会社設立の手続きが進められてしまうと、時間や経費を使って手続きを行ったにも関わらず、最終的な登記の段階で手続きが行えないという事態に陥ってしまうことも考えられますので、十分な注意が必要です。

調査そのものについては管轄の法務局に行くことで、類似の商号についての調査を受けたい旨を申し出ることで教えてもらうことが可能です。

調査の方法については、それぞれの法務局において異なる方法になることがありますので、窓口で確認すると良いでしょう。

会社設立の登記申請書については法務局に提出することになるわけですが、各地域において法務局の支局や出張所もあり、管轄については会社の本店や支店の所在地によって決定されることになります。

類似商号については会社の種類を除いて考えるものとなり、個人商号についても含まれます。

地域名や装飾語について類似しているケースについても、それらを除いて考えることになります。
会社設立には事業目的についての適否も大切な項目と言えます。

事業の目的とは会社の事業内容についてのことで、具体的な例でいうと食品販売であったり、デパートの経営などが当てはまります。
事業目的が同一であるかどうかについても調べられることになりますし、事業目的については定款の作成のときに会社の目的欄において記入する内容となります。

行政書士や司法書士

2014-12-17

会社設立時、行政書士や司法書士とのお付き合いは必要か

会社を設立するためにはたくさんの書類の作成と提出が必要です。では、それをどこに、どのように、そしていつまでに提出すれば良いのか、ご存知でしょうか。

どんな業種かに関わらず、「定款の作成」「公証人役場での認証手続き」「会社設立の登記手続き」というのは必ず必要となります。さらに許可が必要な業種(建設業・宅建業・風俗業・貸金業・古物商・旅館業・旅行業・倉庫業・薬局業など)ではそれぞれの様式で「許認可申請」が必要です。

さらに社会保険や労働保険の手続き、業務に必要な自動車の登録申請、外国人を雇用する際に必要な登録や届出などなど、必要となる時期までに、色々な種類の書面を作って、管轄する役所に提出しなければなりません。もちろんこれらの手続きは会社設立をする当人なら自身ですることができます。

もし自分でできるのであれば、そのための費用は必要ないわけですが、そのために必要な時間も労力もけして小さくはありません。そんな時に相談したいのが、行政書士さんや司法書士さんです。

この二つ、よく似た名称ですが、その違いは法律できちんと決められています。よく知られた弁護士や公認会計士と同じように、難関の試験に合格した人だけに許された仕事です。

ではこの違いがわかりにくい二つの仕事の違いは何なのでしょうか。

まず、最も重要なポイントは「登記」です。会社設立をする本人に代わって登記に必要な書類を作成したり、登記所で登記を行うことは法律上、司法書士に許された仕事で、この肩書を持たない人が代行することはできません。

もし行政書士の看板で登記に関する仕事を請け負っているとしたら、スタッフの中に両方の肩書も持っている人がいるのか、協力関係の司法書士に業務を任せているかのどちらかと考えられます。

逆に、「許認可申請」は行政書士の仕事となります。国などに許認可が必要となる手続きは一万を超えると言われています。彼らは許認可に関する法律の知識やノウハウを備えています。会社設立をする本人の代わりに申請書を作成して、管轄する役所に申請の手続きを行います。

一方、会社の定款を本人に代わって作成することや、公証人役場での認証手続きは、どちらにも認められています。最近は電子定款認証代行によりそのコストを大幅に抑えることができますので、対応してもらえるか確認したいところです。

では、会社設立に必要な手続き業務の代行をお願いしようとしたら、いったい誰に頼めば良いのでしょうか。そもそもこうしたコストはできるだけ安く抑えたいわけですから、色々な所に見積もりをお願いすることは重要です。

その際には、それぞれの事務所の得手不得手を確認することも重要です。そして、これらの業務は開業後にも必要となることが多いので、相手の人間性を見極めて、「この人なら信頼して長く付き合いたい」と思えるかどうかということも忘れてはならないポイントです。

Copyright(c) 2014 会社設立のときに助けてくれる行政書士と司法書士について知ろうAll Rights Reserved.