banner

類似商号の調査が大切

会社設立には類似商号の調査が大切です

会社設立を行う手続きとしては、会社の概要を決定するところから始めることになります。会社設立をする前に会社についての概要をきちんとした形で決めておくことによって、時間や費用の節約にもつなげることができます。

会社設立をするときには、定款などにおいて会社の商業を記入することが必要になってきますが、同一の住所地において同じ商号を使用することはできません。

類似の商号があるかどうかや、事業の目的についての適否の調査をする場所は、会社設立を行う所在地についての管轄を行っている法務局で行います。

会社の所在地を決定してから、管轄される法務局について確認することになります。

会社設立に必要な商号とは、社名のことを指します。

商号には合名会社や株式会社などの文字を入れる必要がありますし、使用可能な文字として日本語やローマ字、一定の符号などあらかじめ定められてるルールに従って決めることになります。

定款の作成を行う前に管轄の法務局に行って、同一の市町村内において同じかまたは類似している商号がすでに登記されているかどうかの調査が行われます。

似たような名前が使用されたときには、消費者にとって誤解が生まれやすくなりますし、無駄なトラブルが増える原因になりますので大切な事項と言えます。

万が一、類似の商号について見落としてしまった状態で会社設立の手続きが進められてしまうと、時間や経費を使って手続きを行ったにも関わらず、最終的な登記の段階で手続きが行えないという事態に陥ってしまうことも考えられますので、十分な注意が必要です。

調査そのものについては管轄の法務局に行くことで、類似の商号についての調査を受けたい旨を申し出ることで教えてもらうことが可能です。

調査の方法については、それぞれの法務局において異なる方法になることがありますので、窓口で確認すると良いでしょう。

会社設立の登記申請書については法務局に提出することになるわけですが、各地域において法務局の支局や出張所もあり、管轄については会社の本店や支店の所在地によって決定されることになります。

類似商号については会社の種類を除いて考えるものとなり、個人商号についても含まれます。

地域名や装飾語について類似しているケースについても、それらを除いて考えることになります。
会社設立には事業目的についての適否も大切な項目と言えます。

事業の目的とは会社の事業内容についてのことで、具体的な例でいうと食品販売であったり、デパートの経営などが当てはまります。
事業目的が同一であるかどうかについても調べられることになりますし、事業目的については定款の作成のときに会社の目的欄において記入する内容となります。

Copyright(c) 2014 会社設立のときに助けてくれる行政書士と司法書士について知ろうAll Rights Reserved.